愛の証、ふたりの絆の証として想いを込める指輪ならアフラックス
MENUMENU
TEL
来店予約

Ring Story「ゆびわ言葉®」で繋がる愛の物語をAFFLUX(アフラックス)でチェック!

「ゆびわ言葉®」で繋がる愛の物語をAFFLUX(アフラックス)でチェック!
検索
Ring Story

Wing ゆびわ言葉®: 未来へはばたく

2018.03.21

「転勤なんか、する予定じゃなかったのにな」

俺はスーツケースの車輪をゴロゴロと鳴らしながら長い空港のロビーを歩き、呟く。

来る途中に見た空は快晴だった。
きっとこの空も俺を祝福してくれているのだろう…と言いたいところだけれど、俺はまだ、いまいちこの状況に納得できていない。

「どうして転勤になったのかなー」
「それは、翔太(しょうた)が仕事を頑張ったからでしょ」

思わずもう一度呟くと、堪りかねたように隣からツッコミが入る。

「出世コースに乗ったんだから、もっと喜びなよ」

隣を歩く紗英子(さえこ)は、空港にいるのにハンドバッグ一つしか持っていない。
大きめのスーツケースにビジネスバッグという重装備の俺とはえらい違いだ。
…まあ、紗英子が飛行機に乗るわけじゃないから、別にいいんだけどさ。

「うーん、別に、頑張りたかったわけじゃないんだよ。
出世とかもどうでもよかったし」

こんなこと言うと職場の同僚たちに怒られそうだけど、一人を除いて今は誰もいないのをいいことに、俺は仕事を頑張ってきた本当の理由を話す。

「でも、頑張らなきゃ紗英子と付き合えなかったから。『仕事もきっちりできない奴とは付き合えない』って、あの日紗英子が俺を振ったから。
波風立てず、適当に生きてればいいやって思ってたのに、紗英子がもっと頑張れって、俺の背中を押すから…」
「…押すから?」
「本気出して頑張ったら、羽が生えちゃった」

紗英子に見せつけるように、俺は空いている左手で羽を広げるようなポーズを取る。
しかし俺を見る紗英子の目は、キンキンに冷えたビールよりも冷たかった。

「羽生えてるなら、飛行機になんか乗らないで自力で飛んだら?」
「紗英子、冷たい」
「くだらないこと言うからでしょ」

そう言いつつも、紗英子の口元は笑っている。

いつもクールでカッコイイ紗英子が、不意に頬を緩める瞬間が好きだ。
紗英子が笑っていると、俺まで嬉しくなる。
だからこうして、時々体を張ってしまう。
仕事の時も、今も。

「でも、良かったよ。紗英子のおかげで、頑張ろうって思えたから」

女性も増えてきたとはいえ、銀行の総合職はまだまだ男の方が多い。
そんな中、女性総合職として同じ職場に就職した紗英子は、男に負けじと必死に仕事をし、何人もの男を抜き去った。
今や毎月売上ランキング1、2を争う彼女だが、そのポジションまで上りつめることができたのは、彼女が女性だからでも、天才だからでもない。
彼女はただ、誰よりも真面目に努力をし続けて、そのポジションを勝ち取ったのだ。

そんな紗英子のことを、俺は心から尊敬している。
だからこそ彼女に惹かれたし、彼女に見合う存在になれるよう頑張った。
俺が仕事で成果を出し、出し過ぎたせいで本部に出張になったのは、間違いなく紗英子のせいであり、紗英子のおかげだ。


…そんな回想をしているうちに、気づけば保安検査場の前まで来てしまっていた。

見送りができるのはここまでだ。
俺は改めて、ここまで見送りに来てくれた紗英子に別れの挨拶をする。

「じゃあ、行ってくる」
「向こうでもきっちりやんなさいよ。じゃないと私が追い抜くから」
「わかってるって。紗英子も、次の支店でも頑張って」
「もちろん」

同時に入社し同時に成果をあげた紗英子と俺は、同時に転勤が決まった。
俺と違い、紗英子は隣の市に行くだけだから飛行機を使うことはないけど、環境が変わるのは同じだ。
お互いに転勤先でも頑張れるように、俺たちは拳と拳を合わせる。

寂しいけれど、一旦お別れだ。
そう思い別れようとしたところで、俺は「あ」と声を出した。
そうだ、最後に大事な儀式をしなければいけないんだった。

「どうしたの?」
「手、出して」
「何で?」
「いいから」

紗英子に両手を出させた俺は、ポケットから指輪を出して紗英子の左手薬指につけた。
うん、サイズも完璧だ。頑張って調査して良かった。

「…これ」
「俺がいない間、他の男に言い寄られないためのお守り。つけてて」
「翔太」
「戻ってきたら、結婚しよう」

俺がそう言うと、いつもクールな紗英子が、明らかに動揺した。
目を見開き、俺を見て…それから、薬指についた、はばたく翼のような形をした「Wing」の指輪を見る。

25年生きてきて、一番長い10秒だった。
沈黙の後、彼女はゆっくり、うん、と頷く。
ああ、良かった。
一番長い10秒の後に続くのは、一番嬉しい答えだった。

「じゃ、ちょっと飛んでくる!」

これ以上ここにいると離れられなくなりそうだから、俺は紗英子にそう言い残し、再び羽を広げるポーズで保安検査場に向かう。

指輪みたいに、羽が生えてるように見えるかな?
見えるといいな。はばたいた先に、俺たちの未来が。

Wing ゆびわ言葉 ®: 未来へはばたく

Pocket

Tag
Ring Story Album ゆびわ言葉®から始まるリングストーリーRing Story Album ゆびわ言葉®から始まるリングストーリー
記事を読んで気になった方へ
あなたのお近くにある
アフラックスの店舗をぜひお探しください。
店頭での待ち時間を軽減し、より快適!よりお得に!
ご利用頂ける来店予約がお勧めです。Webサイトまたはお電話にてご予約可能です。
WEB来店予約をするWEB来店予約をする
お電話でのお問合せ/来店予約お電話でのお問合せ/来店予約

ウェディングスケジュール無料ダウンロード

結婚が決まったらすることは沢山!指輪を購入するタイミングや挙式当日までのスケジュールをチェックし、出来ることからふたりで始めましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!」しよう。
ENGAGEMENT RING 婚約指輪を見るENGAGEMENT RING 婚約指輪を見る
MARRIAGE RING 結婚指輪を見るMARRIAGE RING 結婚指輪を見る
SET RING セットリングを見るSET RING セットリングを見る
ANNIVERSARY・BABY JEWELRY アニバーサリージュエリーを見るANNIVERSARY・BABY JEWELRY アニバーサリージュエリーを見る
店頭での待ち時間を軽減し、より快適!よりお得に!
ご利用頂ける来店予約がお勧めです。Webサイトまたはお電話にてご予約可能です。
WEB来店予約をするWEB来店予約をする
お電話でのお問合せ/来店予約お電話でのお問合せ/来店予約
AFFLUX
〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-22 ハービス PLAZA ENT2F

Copylight(c)AFFLUX All Rights Reserved.