Amazonギフト券6,000円分をプレゼント!×

AFFLUX

0120-16-8481

受付時間 11:00〜19:00/火曜日定休

来店予約

来店予約

店舗を探す

お電話

 

AFFLUXBRIDAL梅田本店ブログ

04月 04, 2022

青色のダイヤモンドの結婚指輪

こんにちは、AFFLUXの安本です。
突然ですが、青色のダイヤモンドをご存じですか?

縁起物でもある、婚約・結婚指輪に留めるダイヤモンドに人気の青色ダイヤモンドをご紹介します!
まずは、どんなカラーダイヤモンドがあるのかをご紹介いたします。

様々なダイヤモンドのカラー

ダイヤモンドのカラーには、様々な色味があります。
一般的に知られているのは、透明感の美しいホワイトダイヤモンドですよね。

婚約・結婚指輪など、ずっと身に着けるジュエリーには、お守り代わりにその色にちなんだ意味を意識してカラーチェンジする人もいます。

指輪の表面に留めるのか、内側に留めるのかでも印象は変わってきます。
例をみてみましょう。

 

 

 

土台がプラチナカラーなので、色がよくわかるのは黒・青色です。黒色には子孫繁栄や仕事運UPの守り石と言われており、1石だけ留められたり、エタニティリングのように連ねて留めるオーダーも人気です。

🔗無限大のオーダーメイド例はこちら https://afflux.jp/order-made/

 

表面ではなく、指輪の内側に留めることも多いです。

🔗指輪の内側の加工例はこちら https://afflux.jp/service/

意味は込めたいけど、人に見られたくない、という方には、内側の加工をおすすめいたします。

 

カラーダイヤモンドを決めるときの注意点

世の中には、様々なカラーダイヤモンドがありますが、大きく分けて2つのカラーダイヤモンドが存在します。人工的に着色されたのか、自然色であるか、です。

実は、天然のカラーダイヤモンドはとても貴重で、一般的なホワイトダイヤモンドよりとても高額になります。桁が違うことも・・・!

そのため、人工的に着色されたダイヤモンドが広く使用されています。
この記事を書かせて頂いている当ブランド、アフラックスでも、ピンクダイヤモンド以外のカラーダイヤモンドは人工的に着色されたダイヤモンドを使用しています。

ピンクダイヤモンドは高額なのですが、ナチュラルのピンクダイヤモンドを使用しています。ここ、実は人工的に着色されたダイヤモンドのポイントなんです。

色が落ちてしまうカラーダイヤモンド

宝石に着色する場合、トリートメントまたはエンハンスメントという技法が一般的に採用されます。宝石そのものの色を変えてしまう場合は、短期間で極端な色落ちは心配ありません。ところが、ダイヤモンドを人工的にピンクに着色する場合、このような技法ではなく、メッキのようなコーティングを行うのです。
ダイヤモンドをピンク色で上から着色するため、すぐに色落ち・剥げてしまい、ピンクダイヤモンドではなくなってしまいます。そのため、当店ではナチュラルのピンクダイヤモンドを使用しています。カラーダイヤモンド付きのジュエリーを購入する場合は、その宝石についても購入店に確認したほうがいいでしょう。

 

アイスブルーダイヤモンドの結婚指輪

それでは、それぞれの地金の上にアイスブルーダイヤモンドを留めるとどのような印象になるかを見ていきましょう。
(掲載写真は、プラチナ以外少し小さめのサイズです)

■ プラチナ

■ シャンパンゴールド

 

■ ピンクゴールド

 

■ イエローゴールド

 

ブルーベース同士のプラチナだと馴染んだ印象になり、ゴールドベースだとより華やかですよね。

画面で見ると大きく感じてしまいますが、実際の結婚指輪の幅は一般的に2~4mm程度。ぜひ、ご自身の好きなアレンジを楽しんでくださいね。

 

 

この記事をかいたのは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤモンドは宝石の中でも、硬度が高いことで知られています。毎日着けるブライダルジュエリーにはぴったりです。
他の宝石を表面に留める場合は、着用する中で宝石の割れやカケに注意が必要です。

Pocket

CONTACT

指輪選びに困ったら

はじめての指輪選びも安心してご相談ください。
経験豊富な専属ジュエリーコンシェルジュがご案内させていただきます。

来店予約・初来店でプレゼント! Amazonギフト券6,000円分 来店予約