愛の証、ふたりの絆の証として想いを込める指輪ならアフラックス
MENUMENU
TEL
来店予約
オンラインカウンセリング予約 スタイルから探す

Ring Story「ゆびわ言葉®」で繋がる愛の物語をAFFLUX(アフラックス)でチェック!

「ゆびわ言葉®」で繋がる愛の物語をAFFLUX(アフラックス)でチェック!
検索
Ring Story

Galette des rois ゆびわ言葉 ®︎: 運命の出会い

2019.03.30

私には、毎年1月に楽しみなイベントがある。
年に一度の「ガレット・デ・ロワ会」だ。

この時期にしか売っていない大きな丸いケーキ「ガレット・デ・ロワ」を週末に恋人と2人で食べるというこのイベントは、今年で3回目。
甘いもの好きな今の彼と交際をはじめてから、自然とはじまった。

最初の年は2人で1個ずつ買って、2週連続で食べた。
しかし、ケーキの中でも特にガレット・デ・ロワが大好きな私達は、2個でもまだ足りず、翌年は3週連続で3個食べた。
そして第3回目となる今年、ついに1ヶ月丸々、週末にガレット・デ・ロワ会をすることになった。
ガレット・デ・ロワの本場、フランスでは1月中はずっと食べるらしいから、ある意味本場に近づいたのかもしれない。

パイ生地とクリームのハーモニーがたまらないガレット・デ・ロワだけど、唯一不満だったのが、サイズが大きすぎて1人だと何個も食べられないところ。
元々パーティー用のケーキだから仕方ないけど、できればいろんな種類のガレット・デ・ロワが食べたいなあ、といつも思っていた。
だから、私と同じくらい甘いものが好きな彼と付き合うようになってから、大好きなガレット・デ・ロワを何種類も食べられるようになって嬉しい。


「よーし、切るよ!!」

1月最後の週末、ガレット・デ・ロワを切り分ける啓太(けいた)はいつも以上に気合いが入っていた。
理由はわかっている。ここまで3週間、ケーキの中にひとつだけ入っているフェーブを、何故かすべて私が引き当ててしまっていたからだ。
4回もやっているのだから、1回くらいフェーブを取りたいだろうと思う。

フェーブというのは、ガレット・デ・ロワの中にひとつだけ入っている人形やそら豆、アーモンドなどのこと。
フランスではこれが当たった人はその日だけ王様になれて、皆から祝福されるんだとか。
私達もそれに倣って、フェーブが当たった人は王様ということで、ひとつだけ相手に願い事を言える、というルールを勝手に作って楽しんでいる。

「ついに来た!! 俺が王様だ!!」

4回目にして、そのフェーブがようやく彼に当たった。
…実は切ったケーキの断面からフェーブが見えていて、それとなく彼に譲ったんだけど、気がついていないようで良かった。

「じゃあ、願い事言うから」
「うん」
「俺と、結婚してください」
「…え」

その言葉と共に差し出されたのは、3つのダイヤモンドが中央に光る、ピンクゴールドの可愛くて綺麗な指輪。
突然のことに驚いて言葉を失っていると、啓太は私に、こう問いかけた。

「初めてまどかが俺を手伝いに来てくれた日、覚えてる?」
「…うん」
「ほんとはさ、俺、仕事辞めようと思ってたんだ。あの日」
「え…」
「でも、まどかが励ましてくれたから、もうちょっとだけ仕事続けようって思ったんだ」
「…」

そう言われ、私は彼と初めて出会ったときのことを思い出す。


職場の2年先輩である啓太と付き合ったきっかけは、営業として働く彼の事務作業を手伝ったことだった。
彼はいつもたくさんの仕事を抱えていて、夜遅くまで働いていた。
私がコーヒーを差し入れし、手伝いますから頑張りましょうね、と声をかけると、啓太はコーヒーを一口飲み、それから何故か泣いてしまった。

理由はよくわからないけど、励まさなきゃ、と思った私は必死に彼を励まし、彼の仕事を手伝った。
仕事が終わると彼はありがとうと何度もお礼を言って、私の両手をぎゅっと掴んだ。
その手の温かさを、今もまだ覚えている。

「やってもやっても終わらない仕事がつらくて、向いてないし、もう辞めようって思ってた。
でも、あの時まどかが声をかけてくれて、心配してくれたから…まどかのために頑張ろうって思った」

その日以降、私は時々彼の仕事を手伝いに行くようになった。
でも、それも少しの間だけで、1ヶ月もすると手伝うことはほとんどなくなった。
彼自身が成長して、1人で仕事を片付けられるようになったからだ。

「あの日辞めずに済んだから、今の俺があるんだ。
…だから、まどかとの出会いは、運命の出会いだったって思ってる」
「…そっか」

啓太の言葉を聞きながら、私も思い出す。
初めて手伝った次の日に、彼がお礼にと言ってケーキを買ってきてくれたとき、運命を感じたことを。

「…実はね。私もあの日、どこかからあの店のケーキ落ちてこないかなーって思ってた」
「え?」
「直前に電話対応で叱られて凹んでて…甘いケーキでも食べたいなーって思ってたの。
だから、ケーキをくれたとき…しかも、そのケーキが私が1番好きなお店のケーキだったとき、本当にびっくりしたし、嬉しかったんだ。
だから、つい、今度一緒にケーキ食べに行こうって誘っちゃったの。もしかしたら、運命の出会いかもしれないって思って」

たかがケーキでそう思うなんて、我ながらおかしかったと思う。
でも、結果的に、それは運命の出会いだった。

啓太とはびっくりするほど食べ物の好みが合った。好きなお店も一緒だし、好きなケーキも一緒。気を使わずに話せるし、話しているとすごく楽しい。
他人とこんなに気が合って、ずっと一緒にいられる気がするなんて…やっぱり、運命としか言いようがないと思う。

「まどかも、運命の出会いだって思う?」
「うん」
「…じゃあ、俺と、結婚してくれる?」
「…うん」

私が頷くと、啓太はピンクゴールドの綺麗な指輪を、そっと私の指につけてくれた。


4人分くらいはありそうなケーキを完食して、すっかりお腹いっぱいになった私はその場に少し寝転んだ。
「くるしい~」とか言いながらお腹をさすっていると、「俺ももうお腹いっぱい」と言いながら隣にやってきた彼が、さっきのプロポーズのネタばらしをしてくれた。

「実は、最初からずっと、王様になったらプロポーズしようって決めてたんだ。…でも、全然なれなくてめっちゃ焦った」
「え、じゃあなれなかったら、プロポーズしてなかったってこと?」
「…めちゃくちゃ怖くて、不安だったから、無理だったかも」
「…そっか。じゃあ、やっぱり…」
「ん?」
「なんでもない」

…やっぱり、あのとき私がフェーブを譲ったのも、結ばれる運命だったからなんだろうな。
断面からちらりと見えていたフェーブのことを思い出しながら、私はひとり納得した。

Pocket

Ring Story Album ゆびわ言葉®から始まるリングストーリーRing Story Album ゆびわ言葉®から始まるリングストーリー
記事を読んで気になった方へ
あなたのお近くにある
アフラックスの店舗をぜひお探しください。
店頭での待ち時間を軽減し、より快適!よりお得に!
ご利用頂ける来店予約がお勧めです。Webサイトまたはお電話にてご予約可能です。
WEB来店予約をするWEB来店予約をする
お電話でのお問合せ/来店予約お電話でのお問合せ/来店予約

ウェディングスケジュール無料ダウンロード

結婚が決まったらすることは沢山!指輪を購入するタイミングや挙式当日までのスケジュールをチェックし、出来ることからふたりで始めましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!」しよう。
ENGAGEMENT RING 婚約指輪を見るENGAGEMENT RING 婚約指輪を見る
MARRIAGE RING 結婚指輪を見るMARRIAGE RING 結婚指輪を見る
SET RING セットリングを見るSET RING セットリングを見る
ANNIVERSARY・BABY JEWELRY アニバーサリージュエリーを見るANNIVERSARY・BABY JEWELRY アニバーサリージュエリーを見る
店頭での待ち時間を軽減し、より快適!よりお得に!
ご利用頂ける来店予約がお勧めです。Webサイトまたはお電話にてご予約可能です。
WEB来店予約をするWEB来店予約をする
お電話でのお問合せ/来店予約お電話でのお問合せ/来店予約
AFFLUX
〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-22 ハービス PLAZA ENT2F

Copylight(c)AFFLUX All Rights Reserved.