MENUMENU

Wedding News結婚指輪・ウェディングの最新情報をAFFLUX(アフラックス)でチェック

結婚指輪・ウェディングの最新情報をAFFLUX(アフラックス)でチェック
検索
Wedding News

結婚指輪の変形と修繕について

2017.11.21

指輪を修繕するジュエリードクター

結婚指輪は曲がっても、おふたりの想いはそのまま…?

おふたりが選び、結婚式の晴れ舞台で交換。愛を込めて「ずっと大事にする」と誓い合った指輪でも、日常生活を送っていたある時、曲がってしまうということが起こりえます。そんな時、指輪の造りやブランドによっては、修繕が難しかったり、修繕費がかかることも。結婚指輪が曲がっていても、想いはそのまま…かもしれませんが、やっぱりちょっと切ないですよね。

結婚指輪は永遠に寄り添うおふたりの大切なパートナー。10年、20年と月日が経っても指輪との生活を変わらず楽しめるよう、指輪を選ぶ時は、曲がりにくい造り・素材かどうか、そして万が一の時に保証してくれるブランドかどうかをよく確認するようにしましょう。

ここでは、結婚指輪を選ぶ際の大切な知識、「結婚指輪の変形と修繕」についてお伝えしますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

指輪はどうして曲がる?

結婚指輪に用いられる素材として人気の「プラチナ」や「ゴールド」といった貴金属は、「硬くて丈夫」という印象が持たれがち。しかし、実はプラチナもゴールドも素材の柔らかさが特徴に挙げられ、加工のしやすさからジュエリーに用いられるようになりました。

ただし、純度99.9%のプラチナ(Pt999)やゴールド(K24)で造られた指輪は、素材の特徴から変形しやすく、結婚指輪には不向きとされています。そのため、Pt900やK18といった、他の金属を混ぜた指輪を使うことで強度を高めたものが主流です。とは言え、日常生活でふとした瞬間にかかる圧力や衝撃によって、指輪が変形してしまうことも少なくありません。そうした不安を取り除くためにも、より強度の強い指輪の造りや素材、そして変形した場合の修繕が可能なメーカーを選ぶと安心です。

硬さだけでなく、柔軟性も重要

先述した通り、ブライダルリングに求めるものとして素材の「硬さ」は重要ですが、「柔軟性」またも欠かすことができません。素材が硬過ぎる場合、サイズ直しが出来なかったり、力を加えたときに曲がらず折れてしまうことが考えられます。折れてしまった場合、指輪をきれいにお直しするのは非常に困難です。そのため、変化する私たちの身体や、指輪を身に着けて過ごす日々に起こりえるアクシデントにも、サイズ直しや修理・修繕といった対応ができるような素材の柔軟性が求められます。

日本国内の工房で鋳造を行なっているAFFLUX(アフラックス)では、「日本の気候に最適なプラチナ」としてPt900SHP(スーパーハードプラチナ)を採用しています。硬さと柔軟性を併せ持つPt900SHPは、「スが出来にくい」など、鋳造の状態を良くする特長がございます。また、サイズ直しや修理・修繕といった指輪のメンテナンスも可能な素材です。

AFFLUXの指輪は、おふたりの変わらない想いを体現します

AFFLUX(アフラックス)の指輪は、デザインの美しさだけでなく、変わらぬ指輪のコンディションをいつまでも楽しんで頂けるよう、指輪の素材にもこだわっております。なかでも、プラチナの2倍の強度を持つ、Pt900SHP(スーパーハードプラチナ)は耐久性に優れ、一生涯身に着けて頂く結婚指輪の素材として推奨しています。また、色味の美しさと強度のバランスがとれたAFFLUXならではの上質なK18も取り扱っております。

さらにAFFLUXでは、指輪には「AFFLUXの永久保証®」をお付けしており、指輪の修繕といったアフターメンテナンスを無料でお受け致します。担当させて頂くのは、AFFLUXに在籍する指輪修繕の専門家「ジュエリードクター」。その名の通り、ジュエリーのためのお医者さんとして、お一つおひとつに想いと命を吹き込みます。

指輪の変形は、家事や育児、仕事といった日々の生活を、指輪とともに楽しんで頂けている証。大切な指輪をしまい込んでしまわず、遠慮なくいつでも身に着けて頂けるよう、「AFFLUXの永久保証®」がおふたりを末長く支え続けます。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!」しよう。

来店予約して頂くとブライダルティアラをプレゼント!来店予約して頂くとブライダルティアラをプレゼント!

お電話でのとお問い合わせ/来店予約 OPEN 11:00~20:00(通話無料) 0120-16-8481
WEB来店予約をするWEB来店予約をする
0120-16-8481

Copylight(c)AFFLUX All Rights Reserved.