MENUMENU
WEBで来店予約 お電話でのお問合せ/来店予約 0120-16-8481

Wedding News結婚指輪・ウェディングの最新情報をAFFLUX(アフラックス)でチェック

結婚指輪・ウェディングの最新情報をAFFLUX(アフラックス)でチェック
検索
Wedding News

結婚式の招待状を出す時期について

2017.12.11

結婚式のゲストを気持ちよく迎えるための準備

結婚式当日、おふたりの門出を祝ってくれるゲストの方々。ご親戚、旧い友人、職場の同僚、恩師など、おふたりの人生に関わってきた大切な存在であり、お一人おひとりに強い想いがあるでしょう。そんな特別な方々を結婚式ゲストとしてお迎えするために、しっかりと準備を行うのが新郎新婦の大事な務めです。

ここでは、おふたりにとって大切なゲストに気持ちよく出席して頂くための「招待状を出す時期」についてお伝えします。結婚式を良いものにするためには段取りが大事。おふたりで協力しながら、楽しんで準備を進めて下さいね。

結婚式の招待状を出す時期

結婚式の招待状を出す時期は、一般的に2〜3ヶ月前が良いとされています。招待状の発送があまりに遅いと、ゲストの予定がすでに埋まっているかもしれません。また、出席確認の遅れや、欠席だった場合に他のゲストを招待できないといった問題が出てきてしまいます。

逆に、これ以上早い時期の場合、招待客の予定がまだ立っていない可能性があります。そのため、挙式当日に近づいてから、急なキャンセルが入ってしまうこともあるでしょう。ご自分達が招待される側の気持ちに立ち、適切な時期に招待状を送ることが肝心です。

招待状を送る前の連絡の必要性

招待状が届いてはじめて結婚式の日程を知る流れだと、「唐突に結婚式の出席依頼がきた」という印象を与えてしまうかもしれません。また、招待状のみで連絡をすると、ゲストリストと実際の出席者の数に誤差が生まれやすく、結婚されるおふたりにとっても不安要素となってしまいます。ゲストには、事前にメールなどで連絡しておくと、お互いの気持ちもより伝わることでしょう。

結婚式の招待状を大安に出す理由

大安は「大いに安し」の意味を持ち、六曜の上でもっとも縁起のよい日。決して「マナー」という訳ではありませんが、消印の日は大安にすると良いと言われています。新郎新婦としても、大切な招待状をお日柄の良い日に送れたら嬉しいですよね。
とはいえ、送る時期と大安のタイミングが必ずしも合うとは限りません。そんな時は、友引に合わせて送ると良いでしょう。「友を引く」の意味を持つ友引は、結婚式において「幸せのお裾わけ」と捉えることができ、大安の次に縁起のよい日とされているからです。

結婚式と六曜の関わりについては、別の記事でご紹介していますので、そちらを参考にしてみて下さい。

結婚式と六曜

結婚式の招待状を手渡しする場合

遠方の方などを除き、本来は招待状を手渡しするのが正しいマナーです。当日挨拶をお願いする主賓はもちろんのこと、日頃お世話になっている方へは、可能であれば手渡ししたいもの。渡す時期は、郵送する場合と同じく式の2〜3ヶ月前が理想です。その際、突然押し掛けることのないよう、事前に出席確認を行った上で伺う約束をとるようにしましょう。

結婚準備の華、結婚指輪選びもお早めに

おふたりの大切なゲストへ想いを込めて準備する招待状。マナーやしきたりも多く、大変だと感じる方が多いものの、結婚式準備の素敵な思い出としておふたりの記憶に刻まれることでしょう。

そして、同じく想いを込めて準備するものに「結婚指輪選び」があります。結婚指輪は式当日だけでなく、おふたりが歳を重ねても変わらず側で輝き続ける特別な存在であり、指輪選びは結婚準備の華とも言える最高の時間です。満足の行く指輪と巡り会うために、招待状の準備とあわせて結婚指輪選びもお早めに行いましょう。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!」しよう。

来店予約して頂くとブライダルティアラをプレゼント!来店予約して頂くとブライダルティアラをプレゼント!

お電話でのとお問い合わせ/来店予約 OPEN 11:00~20:00(通話無料) 0120-16-8481
WEB来店予約をするWEB来店予約をする
0120-16-8481

Copylight(c)AFFLUX All Rights Reserved.