MENUMENU
WEBで来店予約 お電話でのお問合せ/来店予約 0120-16-8481

Ring Stroy「ゆびわ言葉®」で繋がる愛の物語をAFFLUX(アフラックス)でチェック!

「ゆびわ言葉®」で繋がる愛の物語をAFFLUX(アフラックス)でチェック!
検索
Ring Story

Sincerely ゆびわ言葉®: 心を込めて

2017.12.18

「これ…でも、いいですか?」

ダイヤモンドの散りばめられた指輪を手に取り、私は恐る恐る博信(ひろのぶ)さんに尋ねる。
博信さんは笑って、
「良いと思います。とても素敵で、麻保(まほ)さんによく似合っている」
と答えてくれる。

「ちょっと派手なような気もするんですけど…本当にこれ、似合ってますか?」
「ええ、とても」

博信さんは悩まない。
私が何を尋ねてもはっきり答えてくれるので、優柔不断な私はいつもとても助かっている。

「滅多に買えないものなんですから、ちょっとくらい派手に見えるのがいいんです。買ってしまいましょう」

博信さんはそう言って、すぐに店員さんを呼ぶ。

…ああ、未だに信じられない。
尊敬している博信先生と、私が結婚するなんて。


店を出た頃には、外はすっかり暗くなっていた。
「夜道は危ないですから、送ります」
博信さんの言葉に甘え、私は家まで送ってもらう。

「思ったより時間が掛かってしまいましたね」
「でも良い買い物ができてよかった」

そんな会話をしながら歩いていると、「そういえば」と博信さんが何かを思い立ち、少し真剣な表情で私の顔を覗き込む。

「どうして、あのリングを選んだんですか?」

風格のある博信さんに見つめられると、恋愛と緊張の二つのドキドキがやってきて、いつも少し戸惑う。
だから私は、少し呼吸を整えて、それから話し出す。

「デザインも素敵だったんですが…何より、ゆびわ言葉に惹かれたんです。
『Sincerely ゆびわ言葉 : 心を込めて』。私が博信さんを尊敬している気持ちを、見事に表してくれているから」


博信さんと私は、中学校で教師をやっている。
だから、職場で私は彼のことを博信先生と呼ぶけれど…でも、私が彼を先生と呼ぶのは、もうひとつ理由がある。

ある日、毎日遅くまで残って仕事していたせいで倒れてしまった私を、博信先生は叱ってくれた。
『未来を作る子どもたちは確かに大切だ。しかし、子どもたちを未来に送り出す教育者だって、子どもたちと同じくらい大切だ。
本当に生徒のことを思うなら、まず自分がしっかりしないといけない。』

その言葉に、目から鱗が落ちた。
生徒たちのためにも、自分を大切にする…そんなこと、考えたことなかったから。

その日から、私は適度に気を抜いて仕事をするようになった。
真剣にやらないなんて許されないことだと思っていたけど、実際は空回りすることが減り、今の方が仕事もよく回っている。
私は博信先生に何度も感謝した。そしてそれ以来、尊敬の意味も含めて、私は彼のことを『先生』と呼ぶようになった。


私が指輪を選んだ理由を聞いて、博信さんは言った。

「僕も麻保さんのことを、心から尊敬しています。
麻保さんほど熱心な先生は、今まで見たことがないですから」

だからあなたに惹かれたんです。
そう言って、博信さんは私の手を取った。


楽しい時間はあっという間で、気づけばもう家の前まで来ていた。

「麻保さん」

博信さんは私の名前を呼び、私は彼の次の言葉を待つ。

「あの…」

博信さんは何か言いかけながら空を見上げ…それから、何でもないです、と言って私の方を向いた。
いつもはっきり答える博信さんにしては、とても珍しいことだった。

「…博信さん?」
「それより、麻保さん」

気になって尋ねようとしたけど、それを遮り、彼はもっと重大なことをさらっと言った。

「改めて、僕の妻になってくれますか」
「…! は、はい」
「良かった」

博信さんは微笑み、私の手の甲にキスをした。

「また明日、学校で」

私が驚いていると、博信さんは何事もなかったかのようにそう言い、帰っていった。


彼が去った後、私はふと、さっきの彼の様子を思い出し、空を見上げてみた。
空には美しい満月が浮かんでいる。

「あ」

その時、彼が言いかけて途中でやめた言葉が何だったのかわかり、私は思わず声を出した。

「そっか。これを言いかけてたんだ、博信さん」

恥ずかしいと思ったのだろうか。
それとも、自分の言葉で伝えたいと思ったのだろうか。

どっちだろうと想像しながら、私はもう見えなくなってしまった彼の背中に向かい、声をかける。

「…月が綺麗ですね。博信さん」

Sincerely ゆびわ言葉 ®: 心を込めて

Pocket

Tag
この記事が気に入ったら
いいね!」しよう。

来店予約して頂くとブライダルティアラをプレゼント!来店予約して頂くとブライダルティアラをプレゼント!

お電話でのとお問い合わせ/来店予約 OPEN 11:00~20:00(通話無料) 0120-16-8481
WEB来店予約をするWEB来店予約をする
0120-16-8481

Copylight(c)AFFLUX All Rights Reserved.