MENUMENU

Interview【特集】インタビューをAFFLUX(アフラックス)でチェック!

【特集】インタビューをAFFLUX(アフラックス)でチェック!
検索
Interview

共感させること、大切な思い出を忘れさせないこと
梶有紀子さんの音楽とAFFLUXのゆびわ言葉の共通点(後編)

2017.11.10

梶様インタビュー メイン画像2

AFFLUXスタッフ内でも話題のシンガーソングライター梶有紀子さん。恋愛にゆれる繊細な心や目標に向かって懸命に突き進もうとする強い気持ちをストレートでインパクトのある歌詞にのせ、たくさんの人に歌を届ける。
まるでミュージアムのように指輪とゆびわ言葉が展示されたAFFLUX梅田本店で行われた大阪市在住のインフルエンサーとの歌と言葉と指輪のセッション。歌詞の意味とAFFLUXの指輪の不思議な共鳴に盛り上がる後編をお届けします。シンガーソングライターが送る、プロポーズの言葉選びにも注目を!

Instagram:kajiyukiko1112
Twitter:@yukko1112

歌詞に込めた想い、ゆびわ言葉に添える願い

シンガーソングライターの梶有紀子さん。歌詞は、ご自身の経験などが元になっているのでしょうか?

梶様インタビュー風景 @AFFLUX BRIDAL梅田本店

経験の曲もありますし、アニメや映画から影響を受けたもの、人から聞いたエピソードを元にした曲もあります。最近の曲でいえば、「夢見る一歩」という曲は、自分の等身大の想いを詰め込んだ曲です。今、自分が夢に向かって歩いている、まさにその状況を歌に込めたので、かなり自分に近いかな? 特に思い入れのある曲でもあります。

今の自分の状況を歌詞に反映するというのは、少し苦しい作業のようにも感じます。

梶様インタビュー風景 @AFFLUX BRIDAL梅田本店

苦しくはないですよ。苦しさよりも書き上げたときに達成感があります。言葉を練りだしているときはそれだけに夢中で覚えていないことの方が多いんです。「この歌詞はこのときにしか書けなかった」とか、「ようこんなん書いたな」とか、そんなふうに後から思い出すって周りのミュージシャンたちも言っている人が多いです。

梶さんの楽曲とAFFLUXの指輪は不思議と共鳴している部分が多くあるように感じます。

そうですね。歌詞の内容と一致しそうかな?と感じる指輪がたくさんあって驚きました。たとえば、「夢見る一歩」。この曲には「Gardenゆびわ言葉®: 笑顔咲く」や、「Hananomegami ゆびわ言葉®: 心に咲く花」のゆびわ言葉のイメージが近いと感じています。「夢見る一歩」は夢はいつか花開くというイメージを込めた歌で、夢に強く向かっていこうという決意の歌です。今自分が音楽できているのは色んな人の応援があるから。夢を見させてくれる人への感謝も込めています。

梶様試着風景 Hananomegami ゆびわ言葉®: 心に咲く花

AFFLUXの「Garden ゆびわ言葉®:笑顔咲く」や、「Hananomegami ゆびわ言葉®: 心に咲く花」、実際に試着してみてどうですか?

重みがありますね(笑)。どちらもデザインが凝っていて可愛いです。それに魅力的なのがやっぱりゆびわ言葉。指輪選びの際に、ゆびわ言葉にちなんで自分たちのエピソードを乗せられるってとてもいいと思います。

梶様試着風景 Garden ゆびわ言葉 ®:笑顔咲く

「ナツガカエル」という曲、タイトルから独特で気になっています。そして、こちらの曲にもぴったりのAFFLUXの指輪があるのですよね?

「asarina ゆびわ言葉®: 信じる心」という指輪がこの曲にはぴったりだと思いました。信じて疑わぬ心、というのが歌詞の中でも出てきますし、信じる心は「ナツガカエル」のテーマでもあるんです。この曲は、自分が誰とどういう風に生きていくのかということや、理想の自分になれずにもがく心を歌っています。生きていく中でどうしても誰かや何かを疑ってしまうことって多いと思うんです。それでも人生を切り開くのは自分しかいませんし、誰かや何かを疑わないことを決めるのも勇気だなと。タイトルの「ナツガカエル」には2つの意味があって、「夏が私を変える」、それと「夏がかえっていく(過ぎていく)」というもの。この曲は自分の経験も合わせて作りました。

なるほど。「ナツガカエル」も夏という季節が一つのキーワードにもなっていますし、梶さんの歌には季節や自然を表す単語がたくさん出てきますね。

そうですね。なるべく身近にあるものを書いて、共感や背中を押すことにつなげたいと思っているからだと思います。季節や自然だったら、誰もが身近に感じられるものですからね。イメージもしてもらいやすいと思っています。歌は、基本的に自分の等身大です。

AFFLUXは、「地球」をデザインのコンセプトにしており、そこからさらに「Sky」「Water」「Ground」「Heart」の4つのテーマに基づいてデザインを作っています。梶さんはそれぞれに対してどんなイメージを持ちますか?

実は私の曲にも「Sky」、空はたくさん出てくるんです。空は場所を超えて私たちを見守ってくれるイメージがありますし、ぼーっと見上ることもできます。だれもが身近な現実逃避をできるのが空かなと思います。それと、壮大。憧れのイメージも強いですね。

「Water」は神秘。私は水族館がとても好きなんですが、水辺の生物や水の中、水のイメージというのは神秘的でどこか惹かれてしまいます。
「Ground」、大地は、壮大で力強いイメージですね。振り返ってみると、私の曲には大地をイメージさせるような泥臭い曲がないと思いました。今回をきっかけに、エネルギッシュとか、力強い雰囲気の曲、大地をテーマにした曲をぜひ書いてみようと思います。
「Heart」は「可愛いらしい」よりも繊細ながら芯のあるイメージ。可愛らしい形ではなく、行きたい場所、手に入れたりものに向かってハートを強くしていくような感じ。わたし自身かなりの野心家ですよ(笑)。

梶さんの曲「想像グライダー」には、大地という言葉が出てきますね。

この曲に唯一「大地」という言葉がはいっていますね。この曲は壮大なイメージで書きたかったんです。
人はひとりでは何もできないし、一緒に頑張っている仲間ができて、夢はどんどん膨らんで、どんどん大きな夢を追えるものかなと。タイトルの「想像グライダー」は、いろんな風を受けて飛んでいくグライダーのイメージがこの曲のテーマに似ているかなと思ってつけました。
もちろん実際にグライダーに乗っているわけではありませんから想像です。この曲にもあらゆるところに共感のポイントがあると思いますし、自分も共感しながら書き上げたのだと思います。

「もしも今夜流れ星がみえたら」という曲も「星」や「空」のイメージですね。

梶様試着風景 Ryusei

そうですね。この「もしも今夜流れ星がみえたら」や、「サヨナラマタイツカ」という曲にも「星」が出てきます。星ってポジティブな気持ちで見上げるときもあれば、ネガティブな気持ちで見るときもある。そういうのが胸にきたのかな。
あと、星にはちょっとした原体験のようなものもあって、学生のときに合宿先でみんなと見上げた星がとても綺麗だったという思い出があります。私は普段から空を見上げながら何か考え事をすることが多い気もします。

気鋭のシンガーソングライターに聴く、想いを伝える言葉のポイント

ここまで、梶さんの楽曲に合わせて指輪を選んでいただきました。

梶様試着風景 auhi ゆびわ言葉 ®: 繋がり結ぶ

▲ 取材当時、発売直後だった「auhi ゆびわ言葉®: 繋がり結ぶ」の試着風景。
マリッジを重ねると、世界文化遺産・上賀茂神社の御神紋(二葉葵)が繋がり現れるデザイン。

楽曲と指輪が自然とリンクしますね。ゆびわ言葉と曲のイメージを合わせて選ばせてもらいました。やはり、指輪に加えてゆびわ言葉があるのっていいですよね。自分たちにどれが合うか判断しやすくなると思いますし、共通の何かを連想するためのカタチとしてふたりの手元に残る。カタチだけでなく、思い出がきちんとある。それに、選ぶときも楽しいだけでなく、人生の中にあるピリオドみたいな。思い出に消えない印をつけた印象にもなると思います。

言葉と指輪というカタチ、そして音楽。思い出を刻むものとして、共通点がありました。

そうですね。歌詞とメロディー、ゆびわ言葉と指輪。自分の曲を聴いて思い出を話してくれる人がいるのですが、そういう人に出会うと「共感して聴いてくださっているのかな」と嬉しい気持ちになることもあります。AFFLUXさんの指輪もきっと思い出と一緒に語られるんだろうなあ。

男性はプロポーズするときの言葉を考えるのにとても苦労すると思うのですが、言葉選びの専門家として、何かアドバイスをいただけますか?

梶様インタビュー風景 @AFFLUX BRIDAL梅田本店

プロポーズの言葉、男性は悩みますよね。実はインターネットで調べてみたことがあるのですが、「失敗しないプロポーズの言葉110」みたいなサイトがいくつもあって驚きました(笑)
プロポーズの言葉は、プロポーズに限らずだと思うのですが、「わかりやすさと伝わりやすさ」って大事だと思います。そしてあとは、共感を呼ぶこと。歌詞を書くのと似ているかな?って思います。私が気をつけてほしいのは、オブラートに包み過ぎないことです。例えば、「ずっと一緒にいよう」という言葉は、プロポーズにも取れますし、単なる「これからも宜しく」という言葉にも取れますよね。それが言葉の奥深いところでもあるかとは思うのですが、気をつけたいところです。

伝える言葉はシンプルに。ストレートに。梶さんの歌と同じですね。

梶様インタビュー風景 @AFFLUX BRIDAL梅田本店

はい、言葉はシンプルでいい。「毎日味噌汁をつくってくれ」とかそういうのじゃない方がいいと思うんですよ。
その言葉を告げる前に「これまでこういうことがあったね」と思い出話しをするのは良いですよね。それでふたりでいることが楽しいという意識を共感して、プロポーズのアプローチにしつつ、一緒の気持ちになったところで告白!ですかね。
音楽と一緒です。いきなりサビで始まるのも悪くないですが、Aメロ、Bメロがあって、サビに向かう流れです。イントロはシチュエーションですかね。作り込むのって大事だと思いますよ。

そして、ゆびわ言葉つきのAFFLUXの指輪でオリジナリティを。

梶様インタビュー風景 @AFFLUX BRIDAL梅田本店

AFFLUXさんの指輪は良いですよね。素晴らしいと思います。指輪をプレゼントして、さらに「実はこの指輪には…」と言葉をプレゼント。それはもうオリジナリティですし、そこでふたりの思い出がまた一つ加わると思います。素敵な、忘れられないプロポーズになると思いますよ。

言葉を選ぶ、流れをつくる。梶さんの曲作りと同じですね。今日はたくさんの共通点に触れられて良かったです。ますますのご活躍を楽しみにしています。

ありがとうございました!

梶様インタビュー メイン画像2

関連情報

2017/11/1(水)~12/30(土) AFFLUX BRIDAL梅田本店、AFFLUX長崎店、宝石のエレ にて開催中!
「サプライズプロポーズ応援プラン」

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!」しよう。

来店予約して頂くとブライダルティアラをプレゼント!来店予約して頂くとブライダルティアラをプレゼント!

お電話でのとお問い合わせ/来店予約 OPEN 11:00~20:00(通話無料) 0120-16-8481
WEB来店予約をするWEB来店予約をする
0120-16-8481

Copylight(c)AFFLUX All Rights Reserved.