MENUMENU

Wedding News結婚指輪・ウェディングの最新情報をAFFLUX(アフラックス)でチェック

結婚指輪・ウェディングの最新情報をAFFLUX(アフラックス)でチェック
検索
Wedding News

ゴールドの結婚指輪はK18が主流である理由

2017.08.16

指輪枠の「K18」とは?

結婚指輪は、おふたりに末長く寄り添う大切な指輪ですから、後悔しないよう素材にもこだわりたいもの。現在はプラチナ素材が人気ですが、カラーバリエーションの豊富さや、他の素材とは違った美しさから「ゴールド」を選ばれる方もおられます。

クラシカルな印象のK18ゴールド(イエローゴールド)、柔らかみのある色合いが魅力のK18 ピンクゴールド、温かみのある輝きをもったK18ホワイトゴールド、ニュアンスカラーが美しいK18シャンパンゴールド。カラーによって表情が大きく変化するため、一つ一つを手に取りながら悩む時間も、おふたりにとって楽しい時間となるでしょう。

一方、ゴールドを選ぶ際に気になるのが、「K18」という表記。K18とは、指輪の素材に使われている金の純度を表しており、指輪を長く身に着けるために大切な「耐久性」と大きく関わります。ゴールドを選ぶ際は、この表記をきちんと確認するよう注意しましょう。

K14, K18, K24の違い

ゴールドの指輪において、一般に知られているのが「K14」「K18」「K24」の3種類。数字の頭につく「K」は、金の純度を表す単位である「カラット(Karat)」を意味しています。金の含有量は、歴史的に24分率という方法で表すことになっており、100%の純金をK24としますので、K18は18/24が金、つまり75%が金であるような材質です。残りの25%は他の金属が含まれており、これが様々な枠の色に現れてきます。K14は14/24が金ですので、50%が金であるような材質です。

K18の種類については別の記事でご紹介していますので、こちらを参考にしてみて下さい。

・K18の指輪の地金(金種)について

なぜ24分率表記を使うかというと、24という数字は1, 2, 3, 4, 6, 12, 24とたくさんの数で割り切れるため、古代人に愛された数字だったからです。金の歴史はとても古いので、古くから用いられていた、24を基準とする表記が今でも使われています。1日が24時間であるのと同じくらい、長い年月を経て受け継がれてきた表し方なのですね。

なぜ結婚指輪はK18が主流なのか

一般に、ゴールドの中で主流となっているのがK18。純金であるK24の方が高価ですが、金の特性である柔らかさにより、「加工がしにくい」「傷がつきやすい」ことが欠点となってしまうからです。一方、他の金属が含まれたK18の指輪は頑丈であり、生涯を通じておふたりが身に着ける指輪にふさわしいと言えます。美しく丈夫なK18の指輪が、まるで「永遠に壊れることのない愛」のよう、おふたりをしっかりと結び付けてくれるでしょう。

AFFLUXのK18は美しいカラーをラインナップ

理想の結婚指輪は、年月を経ても、おふたりが飽きることなく身に着けられるもの。ですから、手元の印象を左右するカラーも重要なポイントです。K18の指輪を選ぶ際は、おふたりが心を掴まれる特別なカラーを見つけ出して下さいね。

婚約指輪・結婚指輪のAFFLUX(アフラックス)では、ピンクゴールド・イエローゴールド・シャンパンゴールド・ホワイトゴールドという、特に色味の美しいK18の指輪枠を取り揃えております。おふたりが手を取り合い、共に歩んでいく人生のお守りとして、K18の指輪がいつもおふたりの手元で輝き続けてくれるでしょう。肌への馴染みの良さ、指に着けた瞬間の感動を確かめながら、おふたりのイメージにぴったりと合う素敵なカラーを見つけて下さいね。

Pocket

この記事が気に入ったら
いいね!」しよう。

来店予約して頂くとブライダルティアラをプレゼント!来店予約して頂くとブライダルティアラをプレゼント!

お電話でのとお問い合わせ/来店予約 OPEN 11:00~20:00(通話無料) 0120-16-8481
WEB来店予約をするWEB来店予約をする
0120-16-8481

Copylight(c)AFFLUX All Rights Reserved.